ヤクルト ドラ5並木“異例”の背番号「0」 「1」山田哲に弟子入り志願

[ 2020年11月28日 05:30 ]

ヤクルトとの仮契約を終えた独協大・並木は名前と背番号が入ったグッズを手に笑顔(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトからドラフト5位指名された独協大・並木が、埼玉県草加市内の同大学で入団交渉に臨み、契約金3300万円、年俸750万円で仮契約した。背番号は0。「1桁の重圧もあるけど、その背番号をつけてプレーできる喜びを感じた」と笑みを浮かべた。

 昨年12月の大学日本代表合宿での50メートル走で手動計測で5秒32をマークし、「サニブラウンに勝った男」こと中大・五十幡(日本ハムのドラフト2位)の5秒42に勝った男。0は過去にも球団で柳田、城、比屋根ら俊足野手がつけたが、下位指名の新人では異例だ。

 背番1の山田哲とのコンビでセ界をかき回す夢も膨らむ。盗塁王3度の先輩から学ぶことは多く「どんどん自分から聞いていきたい」と目を輝かせた。(柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月28日のニュース