中日ドラ5・加藤 憧れの根尾先輩と“フロトーーク”だ 「ゆっくり話す機会あれば」

[ 2020年11月28日 19:21 ]

仮契約を終えた中日のドラフト5位・加藤
Photo By スポニチ

 中日からドラフト5位指名を受けた帝京大可児高の加藤翼投手(17)が28日、名古屋市内で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸550万円(金額は推定)で仮契約した。

 最速153キロを誇る右腕は「日本一の真っ直ぐ」をプロでも磨くことを誓い、1年目は「早く投げたい気持ちはあるが、線が細いのでけがをしない、試合で投げられる体作りをしたい」と冷静に未来図を描いた。

 岐阜県下呂市出身。2学年上で同じ岐阜出身の根尾は、小学生の頃に試合で投げる姿を目にしたという「レベルが違うなと思った。小さい頃は、こんな選手になりたい」と憧れていたという。

 下呂は温泉で有名だが「下呂温泉は入ったことないです」と加藤。それでも「お風呂は好きなので、風呂場でゆっくり話す機会があれば」と同じ風呂好きの根尾と“お風呂場トーク”を夢見た。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月28日のニュース