中日・石橋 今季1軍未出場も「2軍でたくさん学んだ」 65万円減で更改し、来季巻き返し誓う

[ 2020年11月28日 14:53 ]

1軍昇格を目標に掲げた中日・石橋康太
Photo By スポニチ

 中日の石橋康太捕手(19)が28日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、65万円減の年俸655万円(金額は推定)でサインした。

 昨季は高卒1年目ながら、1軍で12試合を経験も今季は1軍昇格なし。それでもウエスタン・リーグでは53試合で打率・294、3本塁打と着実に経験を積み「2軍でたくさんのことを学んだ。来年に生かしたいです」と前向きに振り返った。

 現在はシーズン終盤に右肩を痛めたため、フェニックス・リーグは不参加ながら「キャンプには間に合う」と回復は順調。

 3年目の来季に向けて「今季1軍に上がることができなかったので、まず1軍に上がること。そして、そこで成績を残すこと。1軍に上がった後、その先をもっと見て頑張りたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月28日のニュース