中日・福田 日本シリーズの巨人惨敗に“ショック”「もっと上を目指さないと」 1000万円減で更改

[ 2020年11月28日 15:48 ]

故障が相次ぎ、大幅ダウンとなった中日の福田
Photo By スポニチ

 中日の福田永将内野手(32)が28日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、1000万円減の年俸5500万円(金額は推定)でサインした。

 14年目の今季は開幕1軍スタートも下半身、脇腹、左肩と故障が相次ぎ、3度の2軍落ち。直近5年では最少となる64試合出場にとどまり、昨季まで4年連続2桁本塁打を放っていたが、5本に終わった。

 「けがも後半、何回もしましたし、1軍の舞台に立てなかった。一番は開幕して最初ずっと調子が悪くて打てなかったので、それと一緒にチームも波に乗れない状況だった」と反省が口をついた。

 さらに「日本シリーズを見て、正直僕はショックだった。こんなもんじゃダメだなと思いました。セ・リーグはジャイアンツがぶっちぎりで優勝したので、ジャイアンツを倒さないといけないが、もっと上を目指さないといけないなと思いました」とソフトバンクが4連勝したことでセパの力の差を痛感。

 その上で来季に向けて「HRを狙うわけでないが、HRが打てるスイングを1年通してやりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月28日のニュース