阪神・平田2軍監督が激怒! 試合後の緩んだ練習に「緊張感がない!」 投内連係に異例の1時間

[ 2020年11月28日 17:34 ]

フェニックス・リーグ   阪神1-8日本ハム ( 2020年11月28日    生目の杜第2 )

フェニックスL<日・神>試合後の投内連係でナインの練習姿勢に激怒する平田2軍監督(右)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は投打に奮わず連敗。守備でも連係ミスが起きるなど2失策と課題が残った。

 試合後には隣接したグラウンドで投手陣が投内連係の確認を行うも、笑顔が見えるなど緩んだ雰囲気を察知した平田2軍監督が大激怒。「練習に緊張感がない!一つ一つのプレーにもっと重みを感じろ!」など、厳しい口調で選手らを叱責した。予定にはなかった投内連係の練習が約1時間にわたって行われ、選手たちは厳しい表情でチームバスに乗り込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月28日のニュース