中日 大荒れ契約更改…福谷、福も保留 2日目で早くも3人

[ 2020年11月28日 05:30 ]

サインを保留した福谷(撮影・徳原 麗奈)
Photo By スポニチ

 中日の福谷と福が27日、ナゴヤ球場で契約交渉に臨み、球団からの増額提示を保留した。前日26日の木下拓に続き、契約更改2日目にして早くも3人の保留者が出た。

 福谷はチーム2位の8勝、福は30ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手の初タイトルを獲得。声をそろえたのが「他球団の契約更改の結果も知りたい」だった。コロナ禍が球団経営を圧迫する中、福谷は「今、決断するのは得策じゃない」と他球団の状況も判断材料にしたい考えだ。

 福も「不透明な部分があった」と143試合だった場合の査定額も提示してもらったことを明かし、「コロナだからと一言で片付けて納得するには時間がかかる。出された金額に納得してサインしたい」と説明した。

 加藤宏幸球団代表は「他球団は他球団。変更するとドラゴンズの査定が間違っていたことになる」と次回以降も提示金額を変えない方針。交渉の中で多少の上積みがあった例年と違い、厳しい球団運営を踏まえて「情状はしない」と強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月28日のニュース