巨人の第90代4番に丸!広島時代以来6年ぶりも「気負うことなく」全4打席出塁

[ 2020年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―6阪神 ( 2020年9月16日    東京D )

<巨・神>3回2死一塁、丸は二塁内野安打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人・丸が広島時代の14年以来、6年ぶりに4番に入った。伝統あるチームでは90代目の大役にも「気負うことなくしっかりつなぐことができた」と1安打3四球で全4打席出塁。5回は先頭で四球を選び、一挙5点のビッグイニングを演出した。

 軽い腰痛で欠場した岡本の代役を務め「一丸となってやっていこうとミーティングで話があった。チーム全体で戦うことができてよかった」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース