ヤクルト・山田哲がスタメンを外れる 今月3日に国内FA権を取得

[ 2020年9月17日 18:05 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2020年9月17日    神宮 )

<ヤ・D>スタメンを外れた山田哲(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲人内野手(28)が23試合ぶりにスターティングメンバーを外れた。代役は5年目の広岡大志内野手(23)で、「7番・二塁」に入った。

 山田哲のベンチスタートは8月21日の阪神戦(神宮)以来。試合前練習は軽いアップとキャッチボールのみで、打撃練習は行わなかった。

 山田哲は今季ここまで56試合で打率・264、本塁打8、盗塁8。3日には出場選手登録日数が通算8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース