楽天、今季初の借金生活 涌井が1失点好投も7回緊急降板

[ 2020年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天0―2オリックス ( 2020年9月16日    ほっと神戸 )

<オ・楽>7回の投球前に緊急降板する涌井(左から2人目)(撮影・平嶋 理子)                                                     
Photo By スポニチ

 楽天は今季76試合目で初めて借金生活に突入した。

 先発・涌井は6回1失点と好投。7回もマウンドに上がったが、投球練習中に左足がつったために緊急降板となった。幸い大事には至らず、次回登板にも問題はないとみられるが、3敗目に「先に点を取られたからこういう結果になった」と責任を背負った。

 打線も2安打で今季7度目の零敗だが、8月以降で5度目。三木監督は「形として(結果が)出ていない。何とかしないといけない」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース