阪神・近本 また1試合2発!東京D連敗ストップへけん引

[ 2020年9月17日 20:04 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年9月17日    東京ドーム )

<巨・神>6回無死、近本は右越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の1番・近本が、また、1試合2本塁打を記録した。

 自身の先頭打者本塁打などで2回までに5点を奪い、優勢のまま迎えた6回だ。無死で打席に入ると、2番手・桜井から右中間席に放り込んだ。カウント1―1からの低め変化球をすくいあげてスタンドまで運んだ。

 近本は15日にも菅野から1試合2発を放っており、このカード4本塁打目だ。猛虎の切り込み隊長が長打力を発揮し、東京ドームでの連敗ストップへ、チームを前進させた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース