逆転勝利のヤクルト 上田が激突好捕締め 高津監督「みんなで1点を防ぎにいった」

[ 2020年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―2DeNA ( 2020年9月16日    神宮 )

<ヤ・D>宮出コーチに背負われながらナインとハイタッチする上田(左端)(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの逆転勝利の最後を締めたのは、途中出場の左翼・上田の捨て身の好守だった。

 9回2死から代打・山下の左邪飛をフェンスに激突しながら好捕。右足首を痛めて倒れ込んだ上田にナインが駆け寄り、最後は宮出ヘッドコーチに背負われて勝利のハイタッチに加わった。この日、出場選手登録が9年に達し、海外FA権の資格取得条件を満たしたばかり。高津監督は「一丸となって1点を取りにいき、みんなで1点を防ぎにいった。いいゲームだった」と満足そうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース