阪神・梅野 2回で交代 2打席連続出塁も…代わって坂本がマスク

[ 2020年9月17日 18:58 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年9月17日    東京ドーム )

<巨・神>初回無死、梅野は左線に二塁打を放ち、二塁に向かう(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 2回で5得点し、優位に試合をすすめている阪神に、思わぬ事態だ。正捕手・梅野が2回で交代した。

 「2番・捕手」で先発し、第一打席にフェンス直撃の二塁打を放つと2回の第二打席は四球を選んだ。その後のサンズの適時打でホームインした際には問題なく走っていたが、直後の守備につくことはなかった。

 テレビカメラに映し出された梅野はベンチに座ったまま、矢野監督、藤井バッテリーコーチと会話していた。同コーチが自身の脇腹をさするような仕草を見せており、なんらかのアクシデントが起きたとみられる。代わって坂本が2回からマスクを被った。阪神は現在、捕手2人制。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース