中日 連敗 10安打も10残塁 与田監督「点を取るのには厳しかった」

[ 2020年9月17日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―9広島 ( 2020年9月16日    マツダ )

選手交代を告げベンチに戻る与田監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日は投打そろって振るわず連敗した。先発の岡野が5回4失点。救援陣も失点を重ね、打線も10安打しながら10残塁の拙攻で2点止まりだった。

 6試合連続3点以下に終わって得点力不足が顕著。与田監督は「欲を言えば先頭打者が出るとか、チャンスがどうしても2死からというのが多かった。点を取るのには厳しかった」と分析した。特にビジターでは15勝25敗1分けで借金10を抱え、「内弁慶」の克服が急務だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース