【ファーム情報】中日サヨナラ勝ち!桂が劇打 ソフトB・リチャードは満塁弾

[ 2020年9月17日 18:02 ]

 プロ野球のファームは17日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて3試合が行われた。

 西武―楽天戦(カーミニークフィールド)は延長10回、6―6で引き分け。先発・本田が6回8安打3失点。山野辺が初回に2号ソロ。育成選手の中熊とドラフト8位・岸(四国・徳島)が3安打1打点。楽天先発・藤平は2回5安打3失点。打線は先発全員安打で和田が4回に8号3ラン。小郷と育成選手の中村が2安打1打点だった。

 ソフトバンク―広島戦(タマスタ筑後)は、8回表2死で降雨コールドゲームとなりソフトバンクが9―3で勝利。先発・大竹が7回6安打2失点(自責1)で6勝目(1敗)。リチャードが5回の5号満塁本塁打など2安打6打点。広島は小園が7回の1号ソロなど3安打。先発・スコットは2回2/3を6安打5失点(自責2)で1敗目(1勝1セーブ)を喫した。

 中日はオリックス戦(ナゴヤ)に6―5でサヨナラ勝ち。9回1死で桂が左越えにサヨナラ安打を放った。A・マルティネスが2安打2打点。先発のドラフト2位・橋本(大商大)は3回2安打無失点。オリックスはロドリゲスが5回に3号ソロ。ドラフト2位・紅林(駿河総合)が2安打3打点。先発・鈴木は3回0/3を3安打2失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース