ロッテ、4カードぶり負け越し 初対決左腕に1点止まり

[ 2020年9月17日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3西武 ( 2020年9月16日    メットライフ )

<西・ロ>6回2死三塁、左前適時打を放つ中村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテは初対決の西武の左腕・浜屋に打線が6回の中村奨の左前適時打による1点しか奪えなかった。

 この日は右の大砲・井上が前日の自打球による左足打撲で欠場。4カードぶりの負け越しが決まり、首位・ソフトバンクと1・5ゲーム差に広がった井口監督は「左打者が多いので左投手に差し込まれているイメージがある。(井上は)明日の出場もどうかな。打順も含めて考える」と、17日も左腕・内海と対戦するだけに対策の必要性を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月17日のニュース