中日・岡野&郡司の新人バッテリーにプロの洗礼 チーム同一カード3連敗も与田監督“長い目”強調

[ 2020年6月26日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―10DeNA ( 2020年6月25日    横浜 )

<D・中>7回、2死二塁の好機で見逃し三振に倒れた中日・郡司
Photo By 共同

 2人のプロ野球人生は屈辱から始まった。中日のドラフト3位右腕と4位捕手で組んだ新人バッテリー。25日のDeNA戦で初登板の岡野は5回5失点で沈み、初先発マスクの郡司は3三振を含むノーヒットに天を仰いだ。

 初回、簡単に2死を取った後に落とし穴があった。オースティンに高く浮いたスライダーを右翼席まで運ばれる。「先頭打者を出した回が多く、流れが悪くなってしまった」。2、3回は先頭から連打され、失点するパターン。いずれも勝負球が甘く入り、洗礼は続いた。

 「岡野? 初めての登板で力みもあった。(郡司も)悔しい思いをしたでしょうから、次に生かしてほしい」。同一カード3連敗にも、与田監督は長い目を強調した。屈辱がいつか力になることを信じ、26日のホーム開幕となる広島戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース