西武「いつでもチームとともに」 ドーム前レンガ敷設への名前刻印権利を販売

[ 2020年6月26日 10:27 ]

自身の名が刻まれたレンガを持つ西武・辻監督(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武は26日、21年3月のメットライフドーム周辺施設すべての竣工に向け、同ドーム前広場に1万個のレンガを敷設することを決定し、ファンに向け自身の名や誕生日などをレンガへ刻印できる権利を販売すると発表した。あす27日から販売される。

 ファンに「いつでもライオンズとともにいられる」という気持ちを感じてもらうことが目的で、権利は19800円で購入可能。売上の一部は、球団の地域コミュニティ活動「L―FRIENDS」の活動資金に役立てる。

 【辻発彦監督コメント】ライオンズの施設の中に、あなたの名前が刻まれる。これはとても素晴らしいことだと思います。いつでも我々と共にいる、という気持ちになります。いつも大きな声を出して一生懸命応援してくれているファンの皆さんの名前がこうやって“刻まれる”こと。それは我々にとってもうれしいことです。遠征に行ったとき、福岡でも札幌でも仙台でも、その他の交流戦の球場でも、ホームのファンに負けじと一生懸命声をからして応援してくれているファンの皆さんがいっぱいいますから。それぞれの地域に住まわれているファンの皆さんは、もしかしたらメットライフドームに日ごろからお越しになることは難しいかもしれない。そんなファンの方たちにとっても名前が刻印されたらうれしいんじゃないかな?と思います。全国のライオンズファンの名前が刻まれて、ひとつの大きな円を作っていきたいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース