ドジャースとツインズで複数の感染者が判明 カリフォルニア州では陽性率が上昇

[ 2020年6月26日 10:08 ]

まだ閉鎖中のドジャー・スタジアム(AP)
Photo By AP

 カリフォルニア州ロサンゼルスを本拠にしている大リーグ・ドジャース運営部門のアンドリュー・フリードマン取締役(44)は25日、「組織内の何人かが(新型コロナウイルスの検査で)陽性反応を示したが症状のある者はいない」と感染判明者が出たことをリモート会見で公表。AP通信によれば、同取締役は「個人的でデリケートな問題」だとして、選手かコーチか職員かといった“職種”を含めて氏名や人数などは明かさなかったが、7月1日に予定されているキャンプ集合日に該当者は間に合わない可能性を示した。

 地元メディアによれば、3951万人の人口を抱えるカリフォルニア州では9.4%に相当する370万人に検査を行ったが、ここまでの感染判明者は19万7588人(陽性率は5.3%)で死者は5750人。25日の感染者は過去最多を記録した24日(7149人)から減ったものの、それでも5349人を数えた。検査での陽性率はピーク時の8%以上から5%台に落ち着いているが、2週間前と前週とでは5・1%から5・6%に上昇。25日に入院した患者は4240人で、これはここ2週間の1日平均で32%増となった。

 またミネソタ州ミネアポリスを本拠にしているツインズでも、運営部門のデレク・ファルビー取締役(37)がチーム内に陽性反応を示した選手が数人出たことを公表。キャンプ地のフロリダ州フォートマイヤースでの検査では全員が陰性だったが、ミネアポリスでの検査では異なる結果が出た。なおメジャー登録の選手なのか、マイナーの選手なのかは明らかにされていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース