阪神「あと1人」からの悪夢 球児サヨナラ被弾で逆転負け 矢野監督信頼不変も、痛い2カード連続負け越し

[ 2020年6月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-3ヤクルト ( 2020年6月25日    神宮 )

<ヤ・神(3)> 9回2死一、二塁、西浦の逆転サヨナラ3ランを浴びてガックリ座り込む藤川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 まさに悪夢だ…。阪神は25日のヤクルト戦で1―0の9回、守護神の藤川球児投手(39)が2死一、二塁から代打・西浦に左越え逆転サヨナラ3ランを浴びた。必勝リレーをつぎ込んだ矢野燿大監督(51)にとっても痛恨の1敗。藤川への信頼不変を強調したが、2カード連続の負け越しで1勝5敗となり、早くも苦境に立たされた。

 マウンドで崩れ落ちた。藤川は膝を曲げたまま、左翼へ飛び込む飛球を見つめた。まさか、まさかのサヨナラ3ラン…。ヤクルトナインの歓喜を横目に、三塁ベンチには戻らず、そのまま左翼ポールへ向かいグラウンドから姿を消した。

 「チーム全体でゲームをつくって、あと1アウトのところまでいって、勝ちたかった」

 感情的な言葉で珍しく悔しさを隠さなかった。今季6試合目で初のセーブシチュエーションでの登板。1―0の9回、1死から渡辺に出した四球が悲劇の序章だった。村上は力で空振り三振にねじ伏せて2死までこぎつけたが、上田に左前打されて一、二塁。代打・西浦には1ストライクからの高め145キロを完璧にとらえられた。日米通算250セーブまであと「6」となるところが、一転、自身2年ぶりのサヨナラ負けを食らった。

 「最後は球児に任せるというところで、この負けは仕方がない。打線が点を取れないというのが苦しいよな」

 矢野監督は敗因を貧打に向け、守護神の救援失敗には触れなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕は約3か月遅れたが、9回=藤川の方針は一度も変えなかった。「またいってもらうよ」。この日の敗戦後も、その信頼は不変だ。

 ただ、スタートダッシュに失敗したチームにとっては痛すぎる一敗には違いない。開幕カードで巨人に3連敗。2カード目の初戦となった23日のヤクルトで今季初勝利を飾ったものの、再び2連敗。2カード連続の負け越しとなり苦しい戦いが続くが、それでもまだシーズン序盤というのが指揮官の考え。今季初のサヨナラ負けだろうが、ダメージが大きかろうが、最後まで前を向く姿勢は絶対に崩さないと決めている。

 「まだ始まったばっかりなんでね。全員で。何とか流れを変えにいきます」

 26日からはDeNA3連戦が始まる。その後は中日、広島と遠征は続くが、下を向くことはしない。投打総力戦でばん回に転じてみせる。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース