ヤクルト・長谷川 4年目でうれしいプロ初勝利 記念球はソフトバンク時代の恩人・入来祐作氏に

[ 2020年6月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3-1阪神 ( 2020年6月25日    神宮 )

<ヤ・神3>プロ初勝利した長谷川(左)と握手する高津監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 0―1の9回に3番手で登板したヤクルトの長谷川が4年目でプロ初勝利を挙げた。3者凡退でサヨナラの流れをつくった左腕は「こんな最高な形で初勝利を迎えると思っていなかった。忘れられない初勝利」と笑った。

 東京出身だが聖徳学園時代には投げた経験のない神宮球場でつかんだ白星。記念球は、昨季までのソフトバンク育成時代にお世話になった入来祐作前3軍投手コーチ(現ソフトバンクアカデミーコーチ)に贈るつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース