西武 7回まで無安打 辻監督「1本も打てないんじゃないかと思った」

[ 2020年6月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―4ソフトバンク ( 2020年6月25日    メットライフD )

ベンチの辻監督(中央、撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのバンデンハークに7回まで無安打無得点に抑えられるなど、西武打線は3安打で2点しか奪えず今季2度目の連敗。借金2となった辻監督も「素晴らしかった。ヒットは1本も打てないんじゃないかと思った」と相手の先発右腕を称えた。

 3打数無安打の栗山は「少ない甘い球を仕留められなかったので、この結果になった」と脱帽。きょう26日は宿敵相手の6連戦の4戦目。指揮官は「また3つ(3連戦)だと思って切り替えるしかない」と続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース