巨人・岡本 引き分けに持ち込む同点弾!「一振りで仕留めることができてよかった」

[ 2020年6月26日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―5広島 ( 2020年6月25日    東京D )

8回無死、岡本は同点ソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の4番の岡本が8回に引き分けに持ち込む同点の2号ソロを放った。

 先頭で代わったばかりの菊池保の初球、外角直球を捉え、逆方向の右翼席中段まで運んだ。「一振りで仕留めることができてよかった」。開幕6試合で打率・409、2本塁打、7打点。楽天からウィーラーの加入が発表されたが、原監督は「(守備位置は)サードではない。そこは動かしたくない」と「4番・三塁」の岡本に信頼を置いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース