中日4連敗…与田監督、4失点の大野雄に「完全な力負け」

[ 2020年6月26日 21:28 ]

セ・リーグ   中日1―4広島 ( 2020年6月26日    ナゴヤD )

<中・広>2回無死、メヒア(右)に2者連続となるホームランを打たれ、ガックリの大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は投打そろって奮わず4連敗を喫した。先発・大野雄が相手主砲・鈴木誠に2打席連発アーチを浴びるなど6回11安打4失点で今季初黒星。

 打線も相手先発・大瀬良の前に7回まで3安打と大苦戦。3点を追う8回に2死一、二塁、9回は2死満塁と攻め立てたが、あと1本が出なかった。

 与田監督は先発左腕に「ボールが甘い。完全な力負け」と指摘。あと1本が出ない不完全燃焼の打線には「ヒットやホームランがどんどん出ればいいことだけど、最低限1点取るということはできた」と話し、27日以降に期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース