首位・巨人 陽岱鋼の今季1号で2回に先制 ヤクルト・石川の初球スライダーをガツン

[ 2020年6月26日 18:30 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年6月26日    神宮 )

<ヤ・巨>2回無死、陽は右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人の陽岱鋼外野手(33)がヤクルト戦(神宮)の2回に今季1号となる右越え先制アーチを放った。

 「5番・左翼」で先発出場。0―0で迎えた2回、先頭で入った第1打席で、ヤクルト先発左腕・石川が投じた初球のスライダーを右中間スタンドへ叩き込んだ。

 巨人は1死後、中島の二塁打とパーラの安打でなおも1死一、三塁とチャンスが続いたが、先発投手の9番・菅野と1番に入っている北村が連続凡打に終わって1点どまりだった。

 ▼陽岱鋼 打ったのはスライダーです。いいスイングができました。一本出て良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース