日本ハム・野村 初もの尽くしの大暴れ!プロ初安打&初打点&初猛打賞

[ 2020年6月26日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム8―5楽天 ( 2020年6月25日    楽天生命 )

<楽・日>8回、適時三塁打を放った日本ハム・野村は笑顔でナインとエアタッチをかわす (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 日本ハムの高卒2年目・野村が、初もの尽くしの大暴れだ。2回にプロ12打席目で初安打となる中前打を放つと、6回は初長打&初打点となる2点適時二塁打。8回は適時三塁打で初の猛打賞をマークし、3打点の活躍でチームの連敗を2で止めた。26日に20歳の誕生日を迎える若武者は「最初の打席で出たのはうれしかった。親に報告したい」と初安打と初打点の記念ボール2個を手に笑顔を見せた。

 19日の西武との開幕戦では13年の大谷(現エンゼルス)以来となる10代開幕スタメンを果たしたが、開幕3連戦は10打数無安打。先発を外れた楽天戦2試合は楽天・浅村の打撃を「見られるのは自分にとってプラス」と研究してきた。3試合ぶりに先発起用した栗山監督も「彼のスケール感が出た試合だった。絶賛しておいて」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース