阪神・井上 2安打3打点で“4番の貫禄” 守備でも好返球、平田2軍監督「6打点ぐらいの値打ち」

[ 2020年6月26日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神4-2オリックス ( 2020年6月25日    甲子園 )

<ウエスタン 神・オ>  3回、2死一、二塁、井上が右中間に逆転の2点適時二塁打を放つ    (撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 4番の貫禄さえ漂い始めた。阪神のドラフト2位・井上が公式戦初タイムリーを含む3打数2安打3打点。甲子園で輝く姿がよく似合う。

 相手先発は同じく高卒ルーキーの1位左腕宮城。初回2死一塁で4球続けて直球で攻められ、5球目のチェンジアップを捉えきれずに中飛。「真っすぐでどんどん押してきて、負けん気のある選手。勝負にこだわっている強い気持ちを持った投手だなと思いました」。それでもやられっぱなしでは終わらない。1点劣勢の3回2死一、二塁では「歩かせても良いくらいの気持ちで攻めてくるんだろうなと。気持ちの余裕があった」とフルカウントから同じチェンジアップを鋭いライナーで中越えに2点二塁打して、しっかりやり返した。

 左腕・佐藤一に代わっていた5回2死二塁では左前適時打で2打席連続のタイムリーとした。平田2軍監督は「チャンスで打つという所では、勝負強さを出してくれた。『昨日も鈴木誠也の本塁打見たか』と言ったら、『見ました』って言うから。ああいう打者を目指せ、まだこんなもんじゃないという話をしていたとこよ」とうなずいた。それ以上に指揮官が絶賛したのが、2回1死三塁の場面で披露した守備だった。

 白崎の右飛を捕球すると、スタートを切った俊足の宗をワンバウンドのストライク送球で見事に刺した。「少しでも(送球が)ズレてしまうと紙一重でセーフになったりする場面。しっかりとコースを狙って送球できて良かった」と胸を張った。前日は9回に右飛を落球して失策を記録しており、汚名返上した形。平田2軍監督は「打つことばかりをみんな評価するけど、きょうはあいつのバックホームでゲームを勝ち取った。もちろん打撃の3打点も大きいけど、6打点ぐらいの値打ちがある返球だよ。“失敗と書いて成長と読む”だな」とニンマリだった。

 甲子園で行われたチームにとってのウエスタン・リーグ開幕3連戦を10打数3安打3打点で終えた。「1日でも早く(甲子園に)戻ってきて、プレーしている姿を見せられたら」。26日のソフトバンク戦(筑後)では2軍調整中の千賀が先発登板予定。球界屈指の右腕との対決で、さらにプロで活躍するための経験を積んでいく。 (阪井 日向)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース