日本ハム・野村 則本打ち2戦連続適時打!20歳誕生日を自ら祝福「食らいつく気持ちで」

[ 2020年6月26日 18:58 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2020年6月26日    楽天生命パーク )

<楽・日>2回1死一、二塁 中前適時打を放つ日本ハム・野村 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 26日に20歳の誕生日を迎えた日本ハムの高卒2年目・野村が、楽天のエース則本から2試合連続となる適時打を放った。

 1点を追う2回1死一、二塁。外角にスライダーを続けられてあっさり追い込まれたが、カウント1―2からこの打席4球目のスライダーを捉えて中前へ。二塁走者の渡辺がスライディングで生還して同点のホームを踏んだ。バースデー適時打を放った野村は「追い込まれていましたが食らいつく気持ちで打ちました。昨日からいい状態をキープできているので、この調子で集中してプレーしたいです」と話した。

 前日25日は、3回にプロ12打席目で初安打となる中前打を放つと、6回は初長打&初打点となる2点適時二塁打。8回は3打点目となる適時三塁打で初の猛打賞をマークしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース