オリックス・ドラ3村西 初先発で3回5失点…初回で四球5つ「悔しいという思いしか」

[ 2020年6月26日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―5ロッテ ( 2020年6月25日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>オリックス先発の村西は、初回1死満塁からマーティンに押し出し四球を与え、三塁走者の荻野が生還(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 洗礼を浴びた。オリックスの3位ルーキー村西が初登板初先発したが、制球難に満塁被弾などで3回6四球5失点で降板。「悔しい思いしかありません。初回はやってはいけない投球になってしまいました」と唇をかんだ。

 初回先頭から3者連続四球で無死満塁を招くと、1死後、マーティンに押し出し四球で先制点を献上。なおも1死満塁で、中村奨に左中間席へ放り込まれた。西村監督は「緊張もあったと思うが初回で四球5つですからね。(次回以降)いろいろ考えないといけない」と修正を促した。

 変則日程の同一カード6連戦で、初戦から3戦連続で先制を許す展開で今季初の3連敗。打線も相手を上回る8安打も今季初の零敗で、2カード連続勝ち越しなしも決まった。指揮官は、「どうやって点につないでいくかというところ」と懸命に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース