阪神・藤浪が2軍戦で3回1安打無失点 最速は157キロを計測

[ 2020年6月26日 19:09 ]

ウエスタン・リーグ   ソフトバンク―阪神 ( 2020年6月26日    タマスタ筑後 )

阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が26日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦に先発した。右胸の軽度の筋挫傷から復帰後、2度目の実戦で3回1安打無失点。最速157キロを計測するなど力強い投球を披露した。

 長い右腕を勢いよく振り下ろし、初回から威力のあるボールを投げ込んだ。先頭・谷川原に対しての3球目にこの日最速の157キロを計測。結果的に四球を与えるなどこの回1死一、三塁とピンチを背負ったが、4番釜元に対して146キロで3球三振。続く田城も152キロの直球で左飛に打ち取り難を逃れた。

 登板前に「変化球でもカウントを取れたり、直球でファウルを取ったり」とテーマを挙げていたように、直球とカットボール、スライダー、フォークなどをバランス良く投げ込んだ。2回も四球を一つ出しながら無失点で終えると、3イニング目は初回に左前打を許した中村晃をストレートで中飛に打ち取るなど3者凡退で締め、マウンドを降りた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース