まさかの襲撃…ドアラ 誠也弾にヒヤリ「ちょっと狙われてる気がしました」

[ 2020年6月26日 21:25 ]

セ・リーグ   中日1―4広島 ( 2020年6月26日    ナゴヤD )

<中・広>4回表無死、鈴木の2打席連続となる中越えソロホームランの打球に、落下地点にいたドアラはびっくりしながら回避する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ドアラがまさかの狙撃弾に冷や汗をかいた。

 1―2の4回、相手主砲・鈴木誠の鋭い打球はバックスクリーン左へ着弾。

 たまたま居合わせたドアラは大慌てでよけ、難を逃れたが「マジで危なかった。ちょっと狙われてる気がしました」と球団を通じコメント。

 日本を代表する4番の襲撃に驚きを隠せなかったものの、恒例となっている8回のバク転チャレンジは見事に成功。無観客試合ながら、テレビやラジオなどを通じ声援を送ってくれるファンに元気を届けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月26日のニュース