【キャンプ隠しマイク】阪神・福留 本職にまじって遊撃で軽快な動き「俺のほうがうまいで!」

[ 2020年2月27日 08:00 ]

ショートでノックを受ける福留(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 ◎ノックをしていたロッテ・鳥越ヘッド兼内野守備コーチ。一塁後方の飛球を追いかけたが届かなかった井上に「歩いて捕りにいくな!」と叫ぶと、井上は「全力で走ってます!」。

 ◎試合前の捕手練習。西武・秋元バッテリーコーチは、一度ベンチに戻っていた新人・柘植を探して「柘植っ、柘植っ、どこ行った?俺はおまえを待っているぞ、ストーカーのように」。新人捕手が可愛くて仕方ないようです。

 ◎キャンプ最終日。投手陣の輪の中で一発芸を披露したDeNA・斎藤の姿にみんなで大爆笑していたが、我に返った木塚投手コーチは「早く練習して…」。

 ◎キャンプ最終日恒例の一本締め。撮影ラインから前に出たいという報道陣に、DeNA・渡辺雅弘広報は「じゃあ…。あと2メートル!」。ありがとうございます。

 ◎キャンプ最終日の内野ノックに飛び入り参加した阪神・福留は遊撃の位置で軽快なフィールディングを披露。直後に本職の木浪がミスすると「俺の方がうまいで。俺の方が!」。中日の若手時代は強打の遊撃手でした。

 ◎オリックスの若月はバント練習で、打撃投手に向かって「次は100マイル(約161キロ)でお願いします」。むちゃな要求はやめてください。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース