オリックス 29日からの札幌遠征で「外出禁止令」 新型コロナ感染を警戒

[ 2020年2月27日 05:30 ]

 オリックスが、29日と3月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、チームに外出禁止令を出した。北海道でも感染者が多く見られることを勘案したもので、すでに選手会には通達。28日に札幌移動後は、試合出場以外で宿泊ホテルからの外出は全面禁止となった。

 選手からも「こういう事態なので仕方がない」との声が上がっている一方で、突然の決定に「ホテルの目の前にあるコンビニも行ってはいけないのか」などの質問も出ている。

 29日からのオープン戦の主催試合は、12球団で最多となる10試合が組まれていたが、森川秀樹球団本部長は「損得勘定ではない。それが国内でスポーツをやるものの立場」と話した。また、27日の練習試合・ロッテ戦(SOKKEN)も無観客試合に決定し、隣接する2軍球場の観客席も閉鎖する措置を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース