巨人・阿部2軍監督 “怠慢プレー”の育成・笠井に大説教「ミスするかは別…」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

練習試合   巨人2軍0―2韓国・斗山 ( 2020年2月26日    サンマリン宮崎 )

韓国・斗山との練習試合で指揮を執る巨人・阿部2軍監督  
Photo By スポニチ

 巨人・阿部2軍監督が“怠慢プレー”に怒った。0―1の9回1死二塁。相手が放った中前打に対し、7回から出場し中堅の守備に就いていた育成の笠井が、前に出て捕球せず。指揮官は「ミスするかは別として、本塁で刺そうと思って前で捕って投げようとしなかったらチームメートは納得できない」と説教。試合後、笠井に前に出てボールを捕球する練習を約300球課した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース