オリックス・西村監督 4失点の榊原は“追試”「次にきょうみたいな投球だったら…」

[ 2020年2月27日 18:45 ]

 練習試合のロッテ戦に5―11と敗れたオリックスの西村監督が試合内容に嘆いた。

 野手は10安打は放ったものの「もっと状態を上げないといけない選手はいる。宮崎の最後の試合としては、どうだろうか」とアピール不足にムッツリ。2番手で登板した榊原も3回4失点と振るわず、「上体だけで投げているように感じた。下半身をどう使うか、色々考えないといけない」と話した。

 先発ローテーションを争ったK―鈴木は前日26日の西武戦で3回4失点と振るわず2軍落ちが決定。榊原に関して、指揮官は「次のチャンスはある」と即座の2軍落ちは否定したが、「次に、きょうみたいな投球だったら、どうなのか?となる。いかにして下半身を使った投球ができるか」と、追試での変身を期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース