【記者の目】プロ野球界、感染拡大が続けば…新たな“決断”を迫られる

[ 2020年2月27日 05:55 ]

プロ野球オープン戦 残り72試合を無観客試合で実施決定

囲み取材に応じた斉藤コミッショナー(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ファンのためにも、プロ野球界が必ず守りたいのが残り1カ月を切った3月20日の開幕だ。ただ状況は“待ったなし”の土俵際を迎えているとも言える。政府はここ1~2週間を感染拡大阻止への「瀬戸際」と指摘するが、プロ野球の開幕にも同様に当てはまる。

 大事になるのが12球団参加で決めた対策委員会の存在。斉藤コミッショナーは「今日も球団の専門の方も来られた。マスコミに出るお医者さまや、いろいろな方のご意見を聞きやっていきたい」と説明する。選手やスタッフに感染者が出た場合など、あらゆる事態を想定し対策を練らねばならない。開幕後も、3万人以上で埋まる球場での衛生管理などが入念に求められる。

 それでも完璧な処方箋はない。「なにせお薬もない。抑え込みがなかなか難しい」と斉藤コミッショナー。12球団が一丸となり万全を期しても、防げないこともある。政府からの指針や要請に右往左往させられるのも避けられない。感染拡大が続けば、また新たな「苦渋の決断」が迫られる。細心の注意で万策尽くした上で、ウイルスの猛威が収まるのを待つ。限られた中でできることを徹底するしかない。(NPB担当・後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース