ソフトBドラ3・津森、2回4Kピシャリ 全球種駆使「緊張せず思い切った投球できた」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

練習試合(特別ルール)   ソフトバンク6―4ロッテ ( 2020年2月26日    アイビー )

2回を無失点に抑えた津森(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクドラフト3位の津森(東北福祉大)が対外試合に初登板。ロッテ戦の7回から3番手で登板し、2回2安打無失点、4奪三振の好投で開幕1軍に向けアピールした。

 右サイドから角度のある軌道が持ち味で直球の最速は146キロを計時。スライダーなど全球種も駆使した。「緊張せず思い切った投球ができた」と胸を張った右腕について工藤監督も「闘志をむき出しにするのは投手にとって大事。次につなげてほしい」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース