大谷、新旧両打法で“試行錯誤”「品のある打球ではない」と現状を分析

[ 2020年2月27日 02:30 ]

オープン戦   エンゼルス7-3レッズ ( 2020年2月25日    テンピ )

1打席目で死球を受けるなど、2打数ノーヒットに終わったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 4番スタメンのエンゼルス・大谷は自身の初戦で3打席に立ち、2打数無安打1死球だった。初回、一昨年秋に手術した右肘付近に死球を受け心配されたが大事には至らず。「ちょっと反応が遅かったので(ボールとの)距離がいまいち取れてないと感じた。全然、よけられる球だった」と自身の打撃そのものを反省した。

 第1、3打席は右足を上げる新打法、第2打席は昨季までのノーステップ打法で臨むなど試行錯誤。「打撃練習の打球も“品のあるような打球”ではない」と現状を分析し「どっちもやっていく中でいろいろ気付くこともある」と語った。試合前にはレッズ・秋山と握手を交わし談笑。「シーズン中(の対戦)を楽しみに、僕も頑張りたい」と力を込めた。(柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース