ソフトB・松本 無観客に「違和感」も3回2Kの完全投球

[ 2020年2月27日 16:46 ]

練習試合   ソフトバンク7―2西武 ( 2020年2月27日    アイビー )

<ソ・西>4回から3イニングを9人で抑えた松本(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、無観客試合で行われた一戦で、ソフトバンク・松本が3回無安打2奪三振無失点の好投を見せた。最速146キロの直球と多彩な変化球を織り交ぜ、打者9人で仕留める完全投球。「一番ベストな結果。真っすぐの感覚が良かった」と振り返った。無観客の中での登板については「一つ一つのプレーの後の静けさは違和感があった。投げているときは感じなかった」と振り返った。

 開幕までのオープン戦も無観客試合が決定済みで、工藤監督は「非常に残念だけど、ファンのみなさんの健康を考えれば仕方がない。ファンのみなさんにも理解してもらえれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月27日のニュース