日韓決勝! 中居正広、侍Jにエール!世界一キーマンは山田

[ 2019年11月16日 04:00 ]

第2回WBSCプレミア12

侍ジャパン公認サポートキャプテンを務める中居正広
Photo By 提供写真

 侍ジャパンが韓国とともに決勝進出を決めた。15日、韓国がメキシコに勝利したことで2位以上が確定。頂上決戦の前哨戦となる韓国とのスーパーラウンド最終戦はきょう16日、東京ドームで行われる。「侍ジャパン公認サポートキャプテン」を務める中居正広(47)は都内で取材に応じ、世界一へのキーマンに山田哲人内野手(27)を挙げた。TBS系で午後6時25分から放送される一戦も、ベンチ横でリポートを担当。侍たちの激闘を熱く伝える。

 13、17年のWBC、15年のプレミア12でも侍ジャパンのサポートキャプテンを務めてきた中居。今大会も台湾での1次ラウンドから日本の熱戦を見届けてきた。

 「簡単に勝てる試合なんてない。たくさんの国際試合を見させていただいてきたけれど、本当にピリつきますね。菊池選手も“守備のミス、四球が点に直結する場面が今回は多い。1球で流れが変わるので、僕らも緊張する”とおっしゃっていました」

 緊迫した試合が続く中で、坂本勇の不振が続いた。それでも、中居は13日のメキシコ戦前に「坂本選手が活躍してくれます」と予告し、3安打と活躍した。世界一まで残り2試合のキーマンは。

 「プレッシャーをかけるつもりはないですけれど、あと山田選手が打てばと思います。坂本選手が“スタメン9人全員がマルチ安打を打てるわけがない”と言っていました。一年やっても波がある。(ここまで14打数1安打の)山田選手が上がってきてもおかしくない」

 ベンチ横でリポートを担当。誰よりもグラウンドの最前線で練習を観察し、熱心に取材する。

 「メディアは僕だけじゃない。公認だからって、僕だけが独占するわけにはいかない。聞くだけが仕事じゃないし。勝ってもらうためにと思って、顔色やタイミングをうかがっていると、聞けても一日に1、2人。そしたら、実は野手で山田選手だけ聞けてないんです。番組を見ている方にホットな話を一言でも、という葛藤はあるんですけれどね」

 選手を尊重する気配りが、芸能界随一の司会者たるゆえん。もちろん、視聴者目線も忘れない。

 「僕は(自分が)小さいもう一つのカメラだと思いながらやっています。外野だったり、リードの歩幅だったり、カメラに映ってないところを見るようにしています」

 野球愛は誰もが認める。話しだすと止まらない。

 「米国に負けた日の夜に、野球好きの2、3人でご飯を食べたんです。翌日のメキシコ戦のスタメンの話になって。坂本が打ててなかったから外す、と僕らファンはならない。次はやってくれると。そしたら、スタメンが14人になっちゃう。僕は監督ができないですね(笑い)」

 09年WBCを最後に世界一の座から遠ざかる日本。決勝進出が決まった状況できょう16日に宿敵の韓国と激突する。

 「もし選手が消化試合と思って臨んだら、次の日(決勝)に足をすくわれる。気持ちを切らしちゃいけない。是が非でも獲りにいかないといけない。東京ドームで優勝を見たいです

 ▼中居と侍ジャパン
 ☆13年第3回WBC 「侍ジャパン公認サポーター」就任を発表。就任式では山本浩二監督(当時)から背番号888のユニホームを手渡された。壮行試合では始球式も行い、日本での全試合や米国での決勝ラウンドに同行。「グラウンドレベル、中居です!」のリポートが定着。
 ☆15年第1回プレミア12 テレビ中継でのナビゲーターを務め、発表の際には「今回の役割はアシスタント。日ごろ野球を見ていない方々に少しでも興味を持っていただければ」とコメント。ベンチ横で試合を観戦し、内野守備隊形の異変にいち早く気づくなど、名サポートを見せた。
 ☆17年第4回WBC 「侍ジャパン公認サポートキャプテン」として、2大会連続でチームに同行。同大会での背番号は、第1回大会で王貞治監督が使用した「89」となった。豊富な知識と取材を基に的確なリポートを続けたほか、全選手に高級ワイヤレスヘッドホンの差し入れも行った。

 ○…韓国がメキシコに勝利したため、日本と韓国の決勝進出が決定した。きょう16日の日本―韓国戦で敗れたチームは3勝2敗となり、既に全試合消化したメキシコと並ぶが、日本、韓国どちらもメキシコとの直接対決で勝利しており、上位扱いで2位になる。

 ○…この日、神宮室内練習場で行われた全体練習に参加した山田哲は、15年の雪辱を誓った。前回大会準決勝での敗戦を「悔しい思いがあった。終盤に逆転されて覚えているくらいインパクトがあった」。今大会はここまで14打数1安打と不本意だが「結果が出ていない。仕事をしていない分、やりたいという思いがある。勝ちにこだわっていきたい」と意気込んだ。

 ◆中居 正広(なかい・まさひろ)1972年(昭47)8月18日生まれ、神奈川県藤沢市出身の47歳。86年に14歳でジャニーズ事務所入り。88年にSMAPのメンバーとなり、91年にデビューした。俳優としてはドラマ「味いちもんめ」「砂の器」「ATARU」などで主演。NHK紅白歌合戦の司会を計6回担当するなど、安定感のあるMCが好評。野球好きは父親の影響。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース