日本ハム5位 創価大・望月、契約金で父の墓建てる 天国へ「活躍する姿を見せられれば」

[ 2019年11月16日 05:30 ]

仮契約を結び、大渕スカウト部長(右)、西スカウト(左)と握手する日本ハムのドラフト5位・望月
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト5位指名を受けた創価大・望月が都内の同大で契約金3500万円、年俸770万円で仮契約を結んだ。

 父・勇治さん(享年60)を10歳の時に亡くし、女手一つで3人の子供を育ててきた母・美雪さん(51)や家族のためにも契約金で墓を建てることを告白。栗山監督も即戦力として期待する1メートル87の146キロ右腕は1年目での1軍勝利を目標に掲げ「(父に)活躍する姿を見せられれば」と墓前に勝利球を届けるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース