東海大札幌 高沼が4安打完封 ドラフト指名2投手に投げ勝つ「やるからには日本一」

[ 2019年11月16日 05:30 ]

明治神宮野球大会 第1日   東海大札幌2―0大商大 ( 2019年11月15日    神宮 )

<東海大札幌・大商大>勝利を決めガッツポーズする東海大札幌・高沼=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 人生初の全国大会となった東海大札幌のエースの高沼が4安打完封。今ドラフトでヤクルトから4位指名された大西、同じく中日2位の橋本の2投手に投げ勝ち「いつも通りタイミングと切れで勝負できた」と胸を張った。

 上手投げの昨季まではリーグ戦登板1試合だったが、腕を下げて開花。今春3勝、今秋5勝と大黒柱に成長し、今大会で初完封。来春には社会人のエイジェックに進む左腕は「やるからには日本一」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース