巨人・原監督、追加招集の丸を称賛「緊急に呼ばれてもニコニコ…野球への情熱に感銘を受けた」

[ 2019年11月16日 19:41 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド最終戦   日本―韓国 ( 2019年11月16日    東京D )

<日本・韓国>解説席の巨人・原監督(左)と新井氏(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 野球世界一を決める国際大会「プレミア12」に出場中の日本代表「侍ジャパン」は16日、スーパーラウンド最終戦(東京D)で17日の決勝戦でも対決する韓国と対戦。試合を中継するTBSのゲスト解説として登場した元侍ジャパン監督で巨人の原辰徳監督(61)が追加招集となった巨人の丸佳浩を称賛した。

 丸は、2日のカナダとの強化試合で死球を受けた右足第4趾(し)基節骨(薬指)骨折で出場を辞退した秋山に代わりに追加招集された。

 原監督は「シーズンが終わってゆっくりしたいという気持ちもあったと思います。でも緊急に呼ばれてもニコニコしながら『行ってきます!』と言ってきたので『頑張ってこい』と伝えました」と話し、「彼の野球に対してのひたむきさや情熱に感銘を受けましたね」と称賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース