ソフトB王会長 若手に熱血打撃指導 黒瀬に1時間付きっきり、甲斐&周東に次ぐ育成の星に

[ 2019年11月16日 05:30 ]

黒瀬(左)に打撃指導する王会長
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの王貞治球団会長が宮崎秋季キャンプを視察し、若手選手に直接指導した。

 前日の巨人との練習試合で本塁打を放った育成選手の黒瀬には付きっきりで約1時間。4年目の22歳は「会長からは“ボールの芯とバットの芯を結べ”と言ってもらいました」と感激した。王会長は「昨年は甲斐、今年は周東が全国区の選手になった。これは励みになる」と育成出身の2選手を引き合いに出し、さらなる若手の台頭を期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース