侍J・岸いざ初先発 調整手応え「狙ったところにいく確率は多くなってきた」

[ 2019年11月16日 05:30 ]

キャッチボールを行う岸(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 スーパーラウンド最終戦となる16日の韓国戦(東京ドーム)に先発する侍ジャパンの岸はキャッチボールなどで最終調整。東京ドームで投球練習を行い、「狙ったところにいく確率は多くなってきた」という感覚をマウンドで発揮する。

 今大会は開幕直前の発熱の影響で2試合の救援登板のみ。満を持しての初先発に「言われたところでベストを尽くすだけ」と意気込む。東京ドームは通算6試合で4勝1敗と得意のマウンド。最少失点でバトンをつなぐつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース