エンゼルス トラウト感慨 3度目MVP「受賞には多くの意味がある」

[ 2019年11月16日 05:30 ]

エンゼルスのトラウト(AP)
Photo By AP

 大リーグのMVPが発表され、ア・リーグはエンゼルスのトラウトが3度目、ナ・リーグはドジャースのベリンジャーが初受賞。MVPはポストシーズン前に実施される全米野球記者協会会員の投票で決まる。

 45本塁打のトラウトは14、16年に続く受賞でアストロズのブレグマンを1位票で4票上回り「受賞には多くの意味がある」と感慨に浸った。17年の新人王で今季47本塁打を放ったベリンジャーは元大リーガーの父クレイさんら家族に囲まれ、涙を浮かべながら「夢見てきたことが実現して感動している」と声を震わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース