巨人・直江に元木ヘッド助言 制球ミスに「誠也だったら放り込むで」

[ 2019年11月16日 18:50 ]

ブルペンで投球練習を行う巨人・直江
Photo By スポニチ

 巨人の高卒1年目右腕・直江が16日、宮崎秋季キャンプで元木ヘッドコーチから熱い視線を浴びた。原監督が不在となった最終クール初日。ブルペン投球をつきっきりで見つめられ、制球ミスした直後に「今のは(広島の)鈴木誠也だったら放り込むで」と指摘された。

 97球の投げ込みを終えた直江は「練習の時から試合を想定してやっていかないといけない。常に一発ある打者を気にしていかないと。今日言われて、これまで以上にやっていかないといけないと思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月16日のニュース