日本ハムドラ1河野、初戦敗退に涙「勝利に導けず悔しい」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 第2日   JFE西日本1―2日本製鉄鹿島 ( 2019年10月26日    京セラD )

<日本製鉄鹿島・JFE西日本>8回途中まで7安打1失点と粘りの投球を見せた河野(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト1位指名を受けたJFE西日本の151キロ左腕・河野が、初戦で散った。7回1/3で7安打を浴びながら1失点と粘ったが、チームは延長12回タイブレーク方式の末にサヨナラ負け。

 前回大会準優勝から一転、まさかの初戦敗退に「勝利に導けずに悔しい」と真っ赤な目で話した。即戦力として期待がかかる来季に向け「プロではさらに制球力を磨きたい」と飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月27日のニュース