侍ジャパン・今永 3回2K無失点と順調「真っすぐはしっかり行けた」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

侍ジャパン練習試合   侍ジャパン3―1オリックス ( 2019年10月26日    サンマリン宮崎 )

<侍ジャパン・オリックス>2回2死二塁、根本を空振り三振に仕留める今永(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 約3週間ぶりの実戦登板となった今永も3回を2安打2三振無失点と順調な仕上がりぶりだ。

 2回2死から頓宮に左翼線二塁打されたが、続く根本に直球を続けて空振り三振に斬った。「真っすぐはしっかり行けた。カットも腕を振り切った方がいい」と大会公式球に違和感はなく、国際試合ならでの修正点を挙げた。

 「右(打者)の外角の制球は少し高めないと…。外国人は手が長いので外甘めは届く」。貴重な左腕の先発として1次ラウンド3試合(台湾)のいずれかで登板することが決定的で、第3戦が有力だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月27日のニュース