巨人・山口 侍ジャパン入りに意気込み「日の丸を背負ってやれるのは勉強になる」

[ 2019年10月27日 05:30 ]

ジャイアンツ球場でキャッチボールを行う巨人・山口                         
Photo By スポニチ

 侍ジャパンに選出された巨人の山口、大竹、中川、田口、小林の5選手がジャイアンツ球場で自主練習を行った。侍ジャパンで背番号18をつける山口はキャッチボールで調整。「日の丸を背負ってやれるのは勉強になる。良い番号ですし、恥じないように頑張ります。結果を出すだけ」と意気込んだ。12年のキューバとの親善試合以来7年ぶりの選出。

 大会の公式球はSSK社製で、シーズン中に使用するミズノ社製と異なるが「(球の違いは)苦にならないタイプ」。日本シリーズに出場したため、坂本勇を含めた6人は27日に沖縄入りし、チームに合流する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月27日のニュース