オリックス 岡崎 現役続行の意志固める 球団が育成選手契約打診へ

[ 2019年10月27日 05:30 ]

 オリックスから来季の選手契約を結ばない旨を通告されていた岡崎大輔内野手(21)が、現役続行の意志を固めたことが分かった。

 22日に通告されてから現役引退も含めて去就に悩んでいたが、両親などとも相談して現役続行を決断。すでに練習を再開しており、関係者によると球団は今後、育成選手契約を打診する模様だ。岡崎は17年に花咲徳栄からドラフト3位で入団し、1年目に1軍で5試合に出場。ここ2年間で1軍出場はなかったが、21歳と若いだけに巻き返しに期待されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月27日のニュース